【小型で安い】type-cのusbメモリのおすすめを紹介します

usb-type-c

パソコンのUSB端子が「type-C(タイプシー)」なので、Type-CのUSBメモリが欲しい。でも、普通のUSBメモリとしても使いたい。Type-Cと普通のUSBの両方の端子がついているUSBメモリはないかぁ?

あと、小型で持ち運びが便利だと嬉しい。

こんなことを考えている人はいませんか?

この記事を読むことで以下が分かります。

・小型で安い!おすすめなType-CのUSBメモリの紹介
・Type-Cとしても、通常のUSB端子としても使えるUSBメモリの紹介

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

先日こんなツイートをしました。

この記事では上記のツイートを掘り下げます。

【小型で安い】type-cのusbメモリのおすすめを紹介します

私が最近購入したUSBメモリは「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリの紹介

概要

箱の外装はこんな感じです。ものすごくコンパクト。Amazonで買ったのですが、ポスト投函で届きました。

usb-type-c
usb-type-c
usb-type-c

私が買ったのは32GBのタイプ。

中に取扱説明書も入ってますが、外装にも説明があります。

開封しました。中には本体と説明書が入っています。

usb-type-c

本体はめちゃくちゃ小さいです。10円玉と比較すると、その小ささが際立ちます。

usb-type-c
usb-type-c

黄色の外装はシリコンカバーになっています。ひっくり返すとわかるのですが、左右にtype-CとType-A(通常)が双頭の形で付いています。

usb-type-c

使いたい端子側のシリコンカバーを指でめくって、デバイスに繋げることができます。

こちらはtype-C。

usb-type-c

こちらはType-A(通常)。

usb-type-c

MacBookProにtype-Cを指してみました。イエローがかわいいですね。

usb-type-c

MacBookPro(13インチ)と比べると、小ささが際立ちます。

usb-type-c

デザインも良く、使い勝手も良い。コンパクトで持ち運びやすく、しかも安価。

総じて満足しています。

スペック

「商品名」の基本スペックは以下です。

対応情報・Android 8.0以降
・Chrome OS
・macOS 10.12~10.14
・macOS 10.15
・Windows 10 64ビット/32ビット
・Windows 10 May 2020 Update
・Windows 10 November 2019 Update
・Windows 10(Sモード) 64ビット/32ビット
・Windows 7 64ビット/32ビット
・Windows 8.1 64ビット/32ビット
・iPad Pro(2018年発売モデル)
対応機種USB 3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
USBホスト機能に対応しUSB Type-C端子を搭載するAndroidスマートフォン・タブレット、iPad Pro(2018年発売モデル)
インターフェースUSB 3.2(Gen1)/USB 3.1(Gen1)/3.0/2.0
端子形状USB Type-A+USB Type-C
端子数2
電源バスパワー
定格電圧5.0V±5%
消費電力最大2.5W
外形寸法(幅×高さ×奥行)14.2×8.1×29.9mm
※本体のみ(突起部除く)
質量約5.0g
動作保証環境温度:5~35℃
湿度:20~80%
RoHS基準値準拠
主な付属品取扱説明書
※ユーティリティーはダウンロードで配布 (BUFFALO ファイルマネージャー、DiskFormatter2)

なお、私が購入した32GB以外にも、16GBと64GBがあります。

良いところ

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

こんなシーンで使っています

主に、MacBookProで作成したpdfファイルをコンビニ印刷するために使っています。

フリーランスとして仕事をしていると、公的機関への書類や仕事の提案書など、どうしても印刷が必要なデータが出てきます。

プリンタを所有していないため、印刷が必要なときはコンビニで印刷をしています。

ただ、私のMacBook Pro(2019年版)のインターフェイスはtype-C。一方、コンビニプリンタのインターフェイスはType-A(通常)。

この違いを埋めるために、type-CとType-A(通常)の両方の端子がついている「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ 」を購入しました。

参考:web制作フリーランスの私の持ち物まとめ

free-lance-items

web制作フリーランスってどんな物を持っているの?

以下の記事でweb制作フリーランスの持ち物を詳しく解説しています。

この記事を書いている私は、大阪在住のフリーランスです。約5年努めたEC企業を退職して、週の半分はWEB制作会社で常駐しつつ、個人でも仕事をこなしています。

web制作フリーランスの持ち物紹介【ノマドに必須】」では、フリーランスの私が使っているアイテム(持ち物)をまとめて紹介しています。

フリーランスの持ち物が気になる方は、こちらの記事も是非ご覧ください。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ」は小型で安価でデザインも良くおすすめです。

良い点は以下。

・type-CとType-A(通常)の両端子で使い勝手が良い
・ポップなデザインが可愛くておしゃれ
・10円玉くらいのコンパクトなサイズ
・1000円程度で買えて安い
・BUFFALO製で安心

イマイチな点は以下。

・シリコンカバーが若干ちゃっちいので、耐久性に不安
・type-Cの転送速度が遅いというAmazonレビューあり

今回の記事はここまです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。