Shopifyを使ったECサイト参考事例まとめ【国内海外】

Shopify

最近話題のECプラットフォーム「Shopify」を使って作られたサイトが知りたい。他社事例を研究して、自社のECサイト構築に役立てたい。

こんなことを考えている人はいませんか?

この記事を読むことで以下が分かります。

・Shopifyを使って作られた日本のサイト、海外のサイトのまとめ
・閲覧しているサイトがShopifyで作られたかを調べる方法

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、ブログを書いたりして生活しています。

最近はShopifyを使ったECサイト構築に携わっているのですが、先日こんなツイートをしました。

このツイートを掘り下げます。

Shopifyを使ったウェブサイトの事例【国内】

Shopifyを使ったウェブサイトの事例は、以下の2サイトにかなり丁寧にまとめられています。

Shopifyって、そもそもどんな感じのサイトがつくれるの?

っていうのが気になる人は、まず目を通しておくことをオススメします。各ブランドの説明やサイトの特徴も記載されており、かなり役に立ちます。

ただ、上記で紹介されている中には、「現在はShopifyを利用していないと思われるサイト」もありました。

それらを除外してカテゴリ分けしたのが以下です。

独自に発見したShopifyサイトも追加しています。

Noカテゴリサイト
1アパレルA BATHING APE PIRATE STORE
2アパレルKIT
3アパレルFUMIKODA
4アパレルSellenatela
5アパレルNA
6アパレルTAYLOR STITCH
7アパレルobjcts io
8アパレルgrirose
9アパレルRuntrip Store
10ライフスタイルKANAGU STORE
11ライフスタイルFurbo ドッグカメラ
12ライフスタイルGadget Mart
13ライフスタイルひとえうさぎ
14ライフスタイルゴーゴーサイクリング
15ライフスタイルLOUVRICH
16食品ゴーゴーカレー
17食品Kindred
18食品Elmers Green
19食品Kyoto Brewing Co.
20食品ぬま田海苔
21食品レッドブル

Shopifyを使ったウェブサイト【海外】

Shopifyを使った海外のウェブサイトは、Awwwardsで探すことができます。

Awwwardsは世界中のデザインを表彰するサイトです。イケているデザインを多数発見できるので便利です。

Shopifyのタグで検索をかけると180件以上がHITします。

海外のECサイトはお洒落なデザインが多いですが、日本人に馴染みのないデザインや挙動がたまにあります。

デザイン面だけを重視して自社サイトに導入してしまうと、ユーザーにとって使いにくいUI・UXになる可能性があるので、注意が必要です。

180件以上あるサイトのうち、いくつかピックアップして以下にまとめています。「カテゴリ」は取り扱い商材を指します。

Noカテゴリサイト
1アートSee Make Play
2アパレルCuts Clothing
3アパレルMITA Eyewear
4アパレルDUMBGOOD
5アパレルPerfect Number
6アパレル2NDDAY
7ガジェットNova Smart Home
8ガジェット2NDDAY
9ジュエリーKarpov Paris
10スポーツRobin Golf
11スポーツhaywoodgolf
12ヘルスケアBite Toothpaste Bits
13ライフスタイルBoyd Blue
14食品Popbar
15食品Queen Garnet

Shopifyを使ったウェブサイトを見分ける方法

Google Chrome の拡張機能を使うことで、Shopifyを使ったウェブサイトを簡単に見つけることができます。

手順は以下です。

Chromeウェブストアから「IP Address and Domain Information」をインストールする
調べたいサイトのページに行って、拡張機能を起動させる
「Reverse DNS (PTR record)」のエリアに「shops.myshopify.com」と表示されれているかを確認する

それぞれを詳しく解説していきます。

「IP Address and Domain Information」をインストール

Chromeウェブストアにアクセスし「IP Address and Domain Information」をインストールします。

shopify_check

インストールが完了するとブラウザ右上に「IP Address and Domain Information」のアイコンが表示されます。

shopify_check

調べたいサイトのページに行く

次にShopifyを使っているか調べたいサイトにアクセスします。今回はサンプルとして以下のサイトにアクセスします。

redbull

ブラウザの右上にある「IP Address and Domain Information」のアイコンをクリックします。

shopify_check

すると、拡張機能が起動してIPアドレスやその他の情報が表示されます。この中の項目を見ることで、Shopifyを利用しているかが一発で分かります。

shopify_check

「Reverse DNS (PTR record)」のエリアを確認する

拡張機能を起動すると、以下のようなウィンドウが開きます。色々とタブや項目があるのですが、見るのは「Reverse DNS (PTR record)」というエリアです。

shopify_check

このエリアに「shops.myshopify.com」と表示されていれば、Shopifyを利用しているサイトです。

IPアドレスからも分かるのですが、こっちの方が分かりやすいかと思います。

Shopifyでのサイト構築を学ぶおすすめの方法

Shopifyのリファレンスは基本的には英語です。自己学習をする際には言語の壁にブチあたります。不安な思いを抱えながら自己学習で時間を浪費するより、世の中の優良な教材を活用する方が良いです。

  • オンラインスクールで学ぶ

TechAcademy(テックアカデミー)に、専属のパーソナルメンターがマンツーマンでサポートする「Shopifyコース」が誕生しました。
安い買い物ではないので、TechAcdemyの講座を無料体験で試してみるのがおすすめです。

  • 本で学ぶ

商品売るならShopify 世界標準かつ最先端のECサイト構築入門」がおすすめです。shopifyとは?という導入から、実際のストア構築方法に至るまで網羅的に情報が掲載されています。
実際に読んだ私のレビューはこちらの記事をご覧ください。

  • 動画で学ぶ

Udemyの「Shopifyでクライアントのストアを作る人のための講座 」がオススメです! 私も買いましたがShopifyでのサイト構築からオーナー権譲渡までを一通り知ることができます。
実際に購入した私のレビューはこちらの記事をご覧ください。

【Udemyがセール中(2021年7月30日(金)まで)】
対象コースが ¥1,730から。
2021年7月30日(金)まで!【Udemy】セール中のShopifyの講座一覧を見る >>

Shopifyで14日間の無料体験をはじめる

・登録にあたってはクレジットカードは不要
・必要なのはメールアドレスだけ
・14日間を過ぎたらサイトは凍結。自動で請求は発生しない
・無料体験中に構築したサイトは本契約後もそのまま使用可能
・無料体験期間中に正式契約しても、無料体験期間が終了するまで月額料金が請求されることはない

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

Shopifyを使ったウェブサイトは、この記事内の以下のエリアでまとめています。

Shopifyを使った海外のウェブサイトは、Awwwardsでも探すことができます。

また、Shopifyで制作されたウェブサイトを調べる方法は以下です。

Chromeウェブストアから「IP Address and Domain Information」をインストールする
調べたいサイトのページに行って、拡張機能を起動させる
「Reverse DNS (PTR record)」のエリアに「shops.myshopify.com」と表示されれているかを確認する

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。