Shopifyでプライバシーポリシーなどの法務関連ページを作る方法

shopifyでECサイトを作ろうと思っているので、法務関連のページを作成したい。

プライバシーポリシー、特定商取引に基づく表記、返金ポリシー、配送ポリシー、利用規約などの作り方を教えて欲しい。

こんなことを考えている方へ。

この記事を読むことで以下が分かります。

shopifyでの法務関連ページの作り方

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、ブログを書いたりして生活しています。

先日こんなツイートをしました。

このツイートを掘り下げて、Shopifyでの法務関連ページの作成方法をご紹介します。

Shopifyでプライバシーポリシーなどの法務関連ページを作る方法

Shopifyでプライバシーポリシーなどの法務関連ページを作る方法は以下です。

管理画面にログインする
「設定」ページにある「法務関連」をクリックする
「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表記」「配送ポリシー」「利用規約」の入力エリアがあるので、記載する
「保存」する
自動でチェックアウトページに表示される(完了)

下記の公式ヘルプページに手順説明はあるのですが、キャプチャがなく分かり辛いです。キャプチャ付きで解説します。

ページを作成する

まず、shopifyの管理画面にログインし「設定」を押します。

続いて、設定メニューの中にある「法務関連」をクリックします。

すると、以下のような画面が表示されます。この画面の中に「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表記」「配送ポリシー」「利用規約」の入力エリアがあります。

一番上にあるのは「返金ポリシー」です。

内容をテキストボックスに記載していきます。画像や表の埋め込み、インデントや文字装飾なども可能です。

他の項目も同様です。

次がプライバシーポリシーです。

その次が利用規約です。

続いて配送ポリシー

最後が特定商取引法に基づく表記です

「特定商取引法に基づく表記」はネットでモノを売る上で必ず必要な表示になります。どんな要素が必要なのかは、Amazonのヘルプページが参考になります。

ここまで入力し終えたら、ページ右上の保存を押します。これで法務関連ページの作成が完了です。

表示確認をする

ページが正しく表示されているかを確認します。

「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表記」「配送ポリシー」「利用規約」を作成すると、自動的にサイト上にリンクが生成されます。それぞれ、以下の場所に表示されます。

返金ポリシー・チェックアウトページ
・注文レビューページ
・ヘッダー&フッターメニュー (任意)
プライバシーポリシー・チェックアウトページ
・ヘッダー&フッターメニュー (任意)
利用規約・チェックアウトページ
・ヘッダー&フッターメニュー (任意)
配送ポリシー・商品ページ
・カート
・チェックアウトページ
・ヘッダー&フッターメニュー (任意)
特定商取引法に基づく表記・チェックアウトページ
・ヘッダー&フッターメニュー (任意)

任意というのは、自分で設定した場合は表示されることを指します。ヘッダーとフッターへは、ページをメニューに追加することで表示が可能です。

色々なページに自動表示されますが、共通しているのは「チェックアウトページ」です。

ここのフッターに全ページのリンクが表示されます。チェックアウトページとは、カート画面の「ご購入手続きへ」を押下して、

その先にあるこちらのページです。キャプチャは以下。

フッター部分に「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表記」「配送ポリシー」「利用規約」が表示されていることがわかります。

クリックでモーダル画面が開き、内容を確認できます。正しく表示されていればOKです。

また、配送ポリシーは商品ページの価格の下にも表示されます。「配送料」というテキスト部分をクリックすると、ポリシーページが開くしくみになっています。

商品ページの価格の下には入れたくないなぁ・・・邪魔だなぁ。

と思ったら消すことができます。手順はshopify公式ヘルプの以下の記事を参照ください。

作成した法務関連ページをフッターに表示させる

作成した法務関連ページはチェックアウト画面に表示されます。

ですが、返金ポリシーやプライバシーポリシーはチェックアウト(決済)のタイミングではなく、事前にお客さんに提示させたいものです。

そこで、作成した法務関連ページをサイトのフッターに表示させる方法を解説します。

ノーコードで可能です。手順は以下です。

オンラインストア > メニュー > フッターメニューを選択
「メニュー項目を追加」を押下 > 「リンク」を選択 > 「ポリシー」を選択

すると、モーダル画面内に作成した法務関連ページの一覧が表示されます。フッターに表示させたいページを選択して保存すればOKです。

Shopifyでのサイト構築を学ぶのにオススメな参考書

shopify logo

2020年12月16日に発売された「商品売るならShopify 世界標準かつ最先端のECサイト構築入門」はおすすめです。

shopifyは日本語のレファレンスが少なく、独学しようとすると大変です。ただ、少しずつですが日本語の関連書籍も増えてきました。

ネットで調べたり、shopifyサポートに直接質問したりして学ぶこともできますが、知識にムラが出たり、そもそも正しい情報でなかったり、というリスクもあります。

なので、手元に一冊、shopifyのガイドを置いておくと安心です。その点で「商品売るならShopify 世界標準かつ最先端のECサイト構築入門」はおすすめ。

私も買いましたが「shopifyとは?」という導入から、実際のストア構築方法に至るまで網羅的に情報が掲載されています。

shopifyが他のECカートと違う点や国内の成功事例、運用上のあるあるトラブル、技術的なサポート情報まで掲載されています。

これからshopifyに関わってみたい!

shopify一通り分かっているけれど、抜けてる部分がないか確認したい!

という方におすすめです。

Shopifyで14日間の無料体験をはじめる

・登録にあたってはクレジットカードは不要
・必要なのはメールアドレスだけ
・14日間を過ぎたらサイトは凍結。自動で請求は発生しない
・無料体験中に構築したサイトは本契約後もそのまま使用可能
・無料体験期間中に正式契約しても、無料体験期間が終了するまで月額料金が請求されることはない

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

shopifyでプライバシーポリシーなどの法務関連ページを作る方法は以下です。

管理画面にログインする
「設定」ページにある「法務関連」をクリックする
「返金ポリシー」「プライバシーポリシー」「特定商取引に基づく表記」「配送ポリシー」「利用規約」の入力エリアがあるので、記載する
「保存」する
自動でチェックアウトページに表示される(完了)

手順は公式ヘルプにも掲載されています。

また、あまり聞きなれないですが「特定商取引に基づく表記」はECサイトには必須です。どんな要素が必要なのかは、Amazonのヘルプページが参考になります。

今回の記事はここまです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。