Shopifyの有料テーマを紹介します【実際に案件で使用】

shopify themes

shopify(ショッピファイ)でネットショップを作ろうと思っている。おすすめの有料テーマを知りたい。ネットで「おすすめテーマ○選!」とかの記事はあるけど、実際に使った感想がないので参考にならなくて困っている。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

私が案件で実際に使ったことのあるテーマの紹介

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

先日こんなツイートをしました。

この記事では上記のツイートを掘り下げます。

shopifyの有料テーマを紹介します【実際に案件で使用】

使ったことのあるテーマの一部を紹介します。

debut(デビュー) 食品ECで使用 ※無料テーマ
Atlantic(アトランティック) 食品ECで使用
Streamline(ストリームライン) スポーツ系のアパレルECで使用

私はフリーランスとして活動していますが、週の半分はフロントエンドエンジニアとして企業に常駐しています。

常駐先の企業でshopify案件に関わることが多くなりました。前職で5年間ECに関わっていたのでその経験を活かしています。

ネット上には「shopifyのおすすめテーマ○選!」といった記事が多くあります。しかしその多くが、

この人本当に使ったことあるのか?

全然参考にならん・・・

という感じだったので、自分で記事にすることにしました。

debut(デビュー)

shopify themes

Debut(デビュー)は無料で使えるテーマです。

食品系のECの制作で使用しました。

求められるデザインレベルが高かったため、オリジナルデザインを作成して、ガッツリとコーディングをした案件でした。カスタムフィールドを用いて、ユーザー更新を可能にしながらもデザイン性を重視しました。

Debut(デビュー)の良い点は以下。

・無料
・シンプル
・言語と通貨切替が標準仕様
・レファレンスが豊富

Debut(デビュー)のイマイチな点は以下。

・デフォルトのままだとちょっとダサいデザイン
・ハンバーガーメニューの動きが微妙(好みですが)
・パンくずリストが標準で付いていない
・商品詳細にのメイン画像にスライダーがない
・FAQ用のテンプレートがない

shopifyの無料テーマdebut(デビュー)がおすすめなのは以下の人です。

・なによりシンプルが好き
・とりあえず無料で始めたい
・めちゃくちゃカスタマイズしたい

詳細は「shopifyの無料テーマDebut(デビュー)を実際に使ってみた感想」の記事で解説しています。

Debut(デビュー)ってどうなのよ?

と気になっている方は是非ご覧ください。

Atlantic(アトランティック)

shopify themes

Atlantic(アトランティック)は$180の有料テーマです。超オーソドックスで安定感のあるTHE・ネットショップというレイアウトを作成できます。

Atlantic(アトランティック)は食品系のECで使用しました。Debut(デビュー)ほどカスタマイズはしませんでした。ノーコードで一通り設定をして、そのあとデザイナーさんと一緒にレイアウトの微調整という感じでした。

Atlantic(アトランティック)の良い点は以下。

・シンプルなデザイン、そして動きが洗練されている
・オーソドックスで安定感のあるECレイアウトを構築できる
・webフォント「Gill Sans」が使える
・パララックスを設定できる
・コレクション一覧ページがおしゃれ
・パンくずリストも標準装備
・アコーディオンで開くFAQページを設定できる
・テーマ開発元のマニュアルが充実している

Atlantic(アトランティック)のイマイチな点は以下。

・商品詳細のメイン画像にスライダーがない
・もともとのコーディングにミスがある

Atlantic(アトランティック)がおすすめなのは以下の人です。

・シンプルで安定感のあるECデザインのサイトを構築したい
・ノーコードで完結させたい

詳細は「shopifyの有料テーマAtlanticを実際に使ってみた感想」の記事で解説しています。

Atlantic(アトランティック)ってどうなのよ?

と気になっている方は是非ご覧ください。

Streamline(ストリームライン)

shopify themes

Streamline(ストリームライン)は$180の有料テーマです。ファーストビューに動画を設定できたりと、躍動感のあるデザインが特徴です。

Streamline(ストリームライン)はスポーツ系のアパレルECで使用しました。ノーコードで一通り設定をして、そのあとデザイナーさんによる調整という形で進みました。

またカスタムフィールドをたくさん使って、オリジナルのページをいくつか作りました。デザイン性を担保しながらもユーザー更新を簡単に行えるようにしています。

Streamline(ストリームライン)の良い点は以下。

・ファーストビューに動画を入れることができる
・ファーストビューをPC画像、スマホ画像で分けれる
・動きのあるサイトをノーコードで構築できる
・FAQページ用のテンプレートがある
・全幅用のテンプレートもある

Streamline(ストリームライン)のイマイチな点は以下。

・万人受けするデザインではない
・メニューの位置に癖がある

Streamline(ストリームライン)がおすすめなのは以下の人です。

・スポーツ系の商材を扱っている、躍動感のあるサイトを作りたい
・結構激しいアニメーションのサイトが好き
・ノーコードで完結させたい

詳細は「shopifyの有料テーマStreamlineを実際に使ってみた感想」の記事で解説しています。

Streamline(ストリームライン)ってどうなのよ?

と気になっている方は是非ご覧ください。

Shopifyでのサイト構築を学ぶのにオススメな教材

私も買いましたが「shopifyとは?」という導入から、実際のストア構築方法に至るまで網羅的に情報が掲載されています。

私も買いましたが、Shopifyでのサイト構築からオーナー権譲渡までを一通り知ることができます。

shopifyは日本語のリファレンスが少なく、独学しようとすると大変です。

ネットで調べたり、Shopifyサポートに直接質問したりして学ぶこともできますが、知識にムラが出たり、そもそも正しい情報でなかったり、というリスクもあります。

今回紹介したのは、両方とも日本語の教材です。

内容も初心者向けなので、

これからshopifyに関わってみたい!

shopify一通り分かっているけれど、抜けてる部分がないか確認したい!

といった方にはとてもおすすめです。

Shopifyで14日間の無料体験をはじめる

・登録にあたってはクレジットカードは不要
・必要なのはメールアドレスだけ
・14日間を過ぎたらサイトは凍結。自動で請求は発生しない
・無料体験中に構築したサイトは本契約後もそのまま使用可能
・無料体験期間中に正式契約しても、無料体験期間が終了するまで月額料金が請求されることはない

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

使ったことのあるテーマはこちら。

debut(デビュー) 食品ECで使用 ※無料テーマ
Atlantic(アトランティック) 食品ECで使用
Streamline(ストリームライン) スポーツ系のアパレルECで使用

それぞれの詳しい解説はこちら。

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。