【Shopify】通貨表示¥円マークの後ろに付いているJPYを消す

shopify 円マーク

shopify(ショッピファイ)で¥(円マーク)の後ろに付くJPYを消したい。

注文完了メールなどで、デフォルトで「¥2,000 JPY」になっているので、後ろの「JPY」を取りたい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

¥(円マーク)の後ろに付いているJPYを消す方法

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

通貨表示で¥(円マーク)の後ろに付いているJPYを消す

shopifyのデフォルト設定では、¥(円マーク)もJPYも両方表記される仕様になっています。

下の画像は、注文が完了した時に自動的にお客さんに送付される「注文確認メール」です。合計金額の欄が「¥2,005 JPY」となっています。

shopify 円マーク

¥(円マーク)とJPYが両方表記されている状態です。

一般的には¥(円マーク)のみを使用して、JPYはないですね。たとえばAmazonを見てみます。

以下の画像は私がAmazonで買い物をした際の注文確認メールの文面です。JPYは存在せず¥(円マーク)だけです。

shopify 円マーク

「JPY」の消し方

違和感があるのでJPYの方を消します。現状では以下のように¥(円マーク)の後ろにJPYがついています。

shopify 円マーク

JPYを消す手順は以下です。

管理画面から「設定」を開く
「一般設定」を開く
「ストア通貨」の「形式を変更する」を押下
「通貨の形式」から「JPY」を消去する

順番に解説します。

まず、shopifyログイン後の管理画面から「設定」を開きます。

shopify 円マーク

続いて、設定メニュー内の「一般設定」を押下します。

shopify 円マーク

下の方に「ストア通貨」という欄があります。日本語サイトの場合は「日本円(JPY)」になっているはずです。「形式を変更する」を押します。

shopify 円マーク

なお、ストア通貨は一度その通貨で決済がされると変更する事ができません。

たとえば、遊び半分でUSドルに変えてテスト注文とかしてしまうと、USドルから変えれなくなります。変更にはサポートへの連絡が必要になってしまうので注意が必要です。

「形式を変更する」を押すと「通貨の形式」というエリアが表示されます。

shopify 円マーク

「通貨があるHTML」と「通貨が表示されたメール」に「JPY」と入っている事がわかります。

shopify 円マーク
shopify 円マーク

この「JPY」を消せばOKです。

消した状態は以下です。

shopify 円マーク

なお「通貨が表示されたメール」というのは、何度かお見せしている以下のキャプチャです。注文完了時にお客様に自動で届くメールなどです。

shopify 円マーク

「通貨があるHTML」とは、たとえばカート画面の合計金額表示部分などです。¥(円マーク)とJPYが併記されているのが分かるかと思います。

shopify 円マーク

修正を確認する

最後に正しく修正できているかを確認します。

まずメールから確認します。

管理画面 > 設定 >通知を押下します。

shopify 円マーク

送信されるメール一覧が並んでいる画面が表示されます。その中から「注文の確認」を押下します。

shopify 円マーク

右上にある「アクション」から「プレビュー」を選択します。

shopify 円マーク

すると、実際に送信されるメールをプレビューで確認できます。JPYが消えていれば修正完了です。

shopify 円マーク

次に「通貨があるHTML」の方が正しく修正されているかを確認します。

カート画面が一番確認しやすいと思います。適当な商品をカートに入れて、カート画面を開きます。

JPYが消えていれば修正完了です。

shopify 円マーク

中国元も対応する場合はJPYは残しておいた方が良い

日本円だけで販売するならいいですが、越境ECで中国元(CNY)表示を対応する場合はJPYは残した方がいいです。

理由は以下。

中国元の通貨表示も¥(円マーク)だから

日本円で買った場合の金額表示は以下。

shopify 円マーク

中国元で買った場合の金額表示は以下です。

shopify 円マーク

どっちも通貨記号は¥(円マーク)なんですよね。

金額の桁数が違うので、見分けはつくのですが、パッと見、紛らわしいです。なので、越境で中国元(CNY)表示を対応する場合はJPYは残した方がいいです。

Shopifyでのサイト構築を学ぶおすすめの方法

Shopifyのリファレンスは基本的には英語です。自己学習をする際には言語の壁にブチあたります。不安な思いを抱えながら自己学習で時間を浪費するより、世の中の優良な教材を活用する方が良いです。

  • デイトラで学ぶ

デイトラは質の高いカリキュラムと圧倒的なコスパの良さで、開校1年で受講生7000人突破したオンラインスクールです。「ShopifyEC構築コース」では、HTML/CSSの基礎からWordPressのオリジナルテーマ制作までを学ぶことができます。サポート体制も充実しており、Slackでプロのエンジニアによるアドバイスやフィードバックを受けることができます。

  • TechAcademyで学ぶ

TechAcademy(テックアカデミー)に、専属のパーソナルメンターがマンツーマンでサポートする「Shopifyコース」が誕生しました。
安い買い物ではないので、TechAcdemyの講座を無料体験で試してみるのがおすすめです。

  • 本で学ぶ

商品売るならShopify 世界標準かつ最先端のECサイト構築入門」がおすすめです。shopifyとは?という導入から、実際のストア構築方法に至るまで網羅的に情報が掲載されています。
実際に読んだ私のレビューはこちらの記事をご覧ください。

  • 動画で学ぶ

Udemyの「Shopifyでクライアントのストアを作る人のための講座 」がオススメです! 私も買いましたがShopifyでのサイト構築からオーナー権譲渡までを一通り知ることができます。
実際に購入した私のレビューはこちらの記事をご覧ください。


【Udemyがセール中(2021年10月4日(月)まで)】
対象コースが ¥1,730から。
2021年10月4日(月)まで!【Udemy】セール中のShopifyの講座一覧を見る >>

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

shopifyの通貨表示で¥(円マーク)の後ろについているJPYを消す方法は以下。

管理画面から「設定」を開く
「一般設定」を開く
「ストア通貨」の「形式を変更する」を押下
「通貨の形式」から「JPY」を消去する

順番に解説します。

ただ、越境ECで中国元(CNY)対応している場合は、消さずに残した方がいいです。理由はCNYもJPYも通貨記号が¥(円マーク)なので、消すと紛らわしいからです。

今回の記事はここまです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。