【GMO】iclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする方法

iclusta WordPress

GMOのiclusta(PlanManager)にWordPressをインストールしたいので、方法を教えて欲しい。ネット上に情報が少なくて困っている。

こんなことを考えている方へ。
この記事を読むことで以下が分かります。

・iclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする方法
・WordPressを勉強するのにおすすめな本

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

以前、仕事でiclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする機会がありました。
この記事はその経験をもとに書いています。

iclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする方法

iclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする方法を解説します。主な手順は以下です。なお、サーバーの契約やドメインの取得は終わっているとします。

MySQL(データベース)を作成する
WordPress(ワードプレス)をインストールする
ウェブサイトのURLをルートディレクトリに変更する
完成までサイトにパスワードをかける

エックスサーバーなどではWordPressのインストール時にベータベースを自動で作成してくれますが、iclusta(PlanManager)は自動で作ってはくれません。自分で作成する必要があります。

また、WordPressをインストールするディレクトリに、ルートディレクトリが指定できません。つまり、普通にインストール作業をするとサイトのURLが「https://xxx.co.jp」ではなく、「https://xxx.co.jp/○○」となります。

○○の部分は自由に設定できるのですが、本記事では「wp」としています。また、URLの最後に「○○」を付けたくない場合もある(コーポレートサイトの場合など)と思うので、その解決策も記載しています。

では、詳しく解説していきます。

WordPressを利用するための手順

MySQLデータベースを作成する

エックスサーバーなどは、WordPressのインストール時にベータベースを自動で作成してくれますが、iclusta(PlanManager)は自動で作ってはくれません。自分で作成する必要があります。

手順は以下の記事で詳しく解説しています。無事、データベースの作成が完了したら、いよいよワードプレスのインストールへと進みます。

WordPress(ワードプレス)をインストールする

いよいよiclusta(PlanManager)にワードプレスをインストールしていきます。

まずは「ウェブコントロール」>「アプリインストーラー」をクリックします。

iclusta  WordPress

表示された画面の「アプリ・CGI管理」の項目で、ワードプレスをインストールしたいドメインをクリックします。

iclusta WordPress

すると、新しく以下のウィンドウが開くので「インストール」をクリックします。

iclusta WordPress

「インストール可能アプリ・CGI一覧」の中から「WordPress」を選択してインストールを押下します。バージョン欄にはインストール時のバージョンが表示されます。このときは5.51でした。

iclusta WordPress

利用規約を承諾します。

iclusta WordPress

続いて、ワードプレスをインストールするディレクトリを指定します。ここに入力したディレクトリがそのままサイトTOPのURLになります。

たとえば、「wp」と入力したら「https://xxx.co.jp/wp」がトップページのURLになります。

iclusta WordPress

何も入れたくない!

って思うのですが、iclusta(PlanManager)ではそれができません。絶対に指定が必要です。

ただ、コーポレートサイトなどでは「https://xxx.co.jp」の後ろに何も入れたくないはずです。大丈夫です。解決策があります。

とりあえずここではディレクトリを指定しておいて、後の工程でサイトのアドレスを修正します。今回の例は「wp」というディレクトリを指定して進めます。

ディレクトリを指定して「次へ」を押すと、データベースの入力画面に移ります。

iclusta WordPress

ここに、「【GMO】iclusta(PlanManager)でMySQL(データベース)を使う方法」で作成したデータベースの情報を入力していきます。「MySQLインスタンス」の情報と、作成した個別のデータベースの情報を参照して入力します。

入力を終えると確認画面が表示されます。内容に問題がなければ「インストール」を押下します。

iclusta WordPress

インストールの完了画面が表示されたら一段落です。

iclusta WordPress

「下記のURLにWordPressをインストールしました」を押下すると、ワードプレスの初期設定画面に移ります。

次に初期設定を進めていきます。

iclusta WordPress

サイトのタイトル、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。パスワードは以下のパスワード生成ツールなどを使用して、強力なものを設定しましょう。

iclusta WordPress

一番下の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れると、Google等の検索結果にHITしないようにすることができます。

準備中のサイトの場合はチェックを入れます。そして公開時に忘れずにチェックを外します。

なお、インデックスのコントロールは、ダッシュボード>設定>表示設定より可能です。

iclusta WordPress

入力内容に問題がなければ「WordPressをインストール」を押下します。「成功しました!」の画面が表示されればインストールが完了です。

iclusta WordPress

今後は表示されている「ユーザー名」と「パスワード」で管理画面(ダッシュボード)にアクセスができます。

試しにサイトを開いてみます。以下のように初期テーマのTOPページが表示されています。

iclusta WordPress

基本的にはこれで完了です。ただ、サイトのURLを修正する場合はもう一工程必要です。現在は「https://xxx.co.jp/wp」のように、余計な「/wp」がついています。

iclusta WordPress

これを「https://xxx.co.jp」に修正していきます。

ウェブサイトのURLをルートディレクトリに変更する

iclusta(PlanManager)に普通の手順でワードプレスをインストールすると、トップページのURLが「https://xxx.co.jp/wp」のようにルートディレクトリの1階層下になります。

これを「https://xxx.co.jp」のようなルートディレクトリに修正していきます。詳しい方法は以下の記事にまとめています。

完成までサイトにパスワードをかける

サイトを即公開して問題ないのならば、この手順は不要です。

コーディング中や各種設定中、といった理由でサイトを公開したくない(まだ誰にも見られたくない)場合は、ベーシック認証などをかけます。

iclusta(PlanManager)では、.htaccessを編集しなくても管理画面からベーシック認証をかける機能があります。

ですが、.htaccessを自分で編集してしまうと、管理画面からベーシック認証の設定ができないようです。

私の場合、URLをルートディレクトリに修正する過程で.htaccessを編集していました。管理画面からベーシック認証をしようとすると、「.htaccessが編集された可能性があります〜」みたいなメッセージが表示されて先に進めませんでした。

かわりにサイト全体にパスワードをかけることができる「Password Protected」を使用しました。

参考:WordPress(ワードプレス)を勉強するのにおすすめな本

wordpress

ワードプレスの勉強は確かにネットでもできますが、サイトによって情報や解説の粒度にバラつきがあり体系的に学ぶのが難しいです。

なので、手元に一冊、”WordPress(ワードプレス)のイロハ”がわかる、辞書的な本を置いておくと良いです。現在のワードプレスのバージョンが5.xですので、それに対応した解説書をおすすめします。

特に「WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書[WordPress 5.x対応版]」はおすすめ。静的ページにWordPressを導入する、というテーマで手順をイチから丁寧に解説しています。

案件でよく使うカスタマイズ方法や、セキュリティ対策、有名プラグインの紹介もされており、痒い所に手が届きます。

私も実際にこの本でWordPressを勉強しました。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

iclusta(PlanManager)にWordPressをインストールする手順は以下です。なお、サーバーの契約やドメインの取得は終わっているとします。

MySQLデータベースを作成する
WordPress(ワードプレス)をインストールする
ウェブサイトのURLを変更する
完成までサイトにパスワードをかける

エックスサーバーなどではWordPressのインストール時にベータベースを自動で作成してくれますが、iclusta(PlanManager)は自動で作ってはくれません。自分で作成する必要があります。

また、WordPressをインストールするディレクトリに、ルートディレクトリが指定できません。サイトのURLが「https://xxx.co.jp」にしたい場合は、.htaccessとindex.phpを編集する必要があります。

今回はここまで!

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。