GitHubデスクトップ(GitHub Desctop)の使い方【初心者向け】

GitHub Desktop

GitHubでコード管理をすることになったので、GitHubデスクトップの使い方を知りたい。

リポジトリのクローン方法とかコミットする方法を知りたい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・GitHubデスクトップのダウンロード方法
・GitHubデスクトップでリポジトリをクローンする方法
・ローカルで編集したファイルをコミットする方法

この記事を書いている私は大阪在住のフリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトやECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、PMOとして開発案件に参画したり、ブログを書いたりして生活しています。

GitHubデスクトップ(GitHub Desctop)の使い方【初心者向け】

GitHubデスクトップ」とは、デスクトップ上で簡単にgit管理ができる公式のアプリケーションです。

gitのコマンドを入れることなく、pull、commit、pushといった操作が簡単に行えます。「SourceTree」みたいなものです。

GitHubデスクトップを導入して使うまでのステップは以下です。

GitHubデスクトップのダウンロードする
アカウントの接続を行う
「Configure Git」でGitの設定を行う
リポジトリをクローンする
バージョン管理したいファイルをローカルで編集
GitHubデスクトップを使ってコミット

順番に解説していきます。

なお、今回の前提は以下になります。

  • 2021年8月時点の情報
  • OSはMac
  • GitHubのアカウントは取得済み
  • GitHubでリポジトリは作成済み

GitHubデスクトップのダウンロード方法

まずはGitHubデスクトップをダウンロードします。

ダウンロードについては以下のヘルプに解説があります。

GitHub Desktop

実際のダウンロードページはこちらです。

Download for macOS」を押下します。

GitHub Desktop

ローカルにダウンロードできればOKです。

GitHub Desktop

そして、アプリケーションフォルダに移行します。

GitHub Desktop

GitHubデスクトップを開いてアカウントの接続を行う

続いてGitHubデスクトップを開いてアカウントの接続を行います。

アプリを開いて「Sign in to GitHub.com」を押下します。

GitHub Desktop

アカウントの接続画面が開くので「Authorize desktop」を押下します。

GitHub Desktop

パスワードを入力し「Confirm password」を入力します。

GitHub Desktop

「Configure Git」でGitの設定を行う

続いて「Configure Git」でGitの設定を行ます。

ユーザー名とメールアドレスについて、

  • GitHubのアカウント情報をそのまま使う
  • 新たに自分で設定する

のどちらかを選ぶことができます。

デフォルトは「GitHubのアカウント情報をそのまま使う」になっています。

GitHub Desktop

私は「Configure manually」を選択して、好きな情報を入れました。

GitHub Desktop

ここで登録した内容は、コミットした時のユーザー情報に影響します。

実際の見え方は画面下部の「Example commit」で確認ができます。

Finish」を押すと完了です。

アプリのトップ画面が表示されます。

GitHub Desktop

GitHubデスクトップでリポジトリをクローンする方法

続いてGitHubで作成済みのリポジトリをクローンします。

まず「Clone a Repository from the Internet」を押下します。

GitHub Desktop

リポジトリをクローンする方法は主に2つです。

  • ① GitHubと接続して、保有する(もしくは共有されている)リポジトリを選択してクローする方法
  • ② リポジトリのURLを直接打ち込んでクローンする方法

前者の方が簡単です。

それぞれの方法を順番に解説します。

まずの「GitHubと接続して保有する(もしくは共有されている)リポジトリを選択してクローンする」手順は以下です。

GitHub Desktop

「Clone a Repository」のタブから「GitHub.com」を選択します。

「Repositories」という欄に、保有する(もしくは共有されている)リポジトリの一覧が表示されるので、クローンしたいリポジトリを選択します。

最後にローカルの保存先を選択して「Clone」を押せば完了です。

続いて②の「リポジトリのURLを直接打ち込んでクローンする方法」は以下です。

GitHub Desktop

「Clone a Repository」のタブから「URL」を選択します。

「Repositoty URL or GitHub username and repository」の欄にリポジトリのURLを入れます。

最後にローカルの保存先を選択して「Clone」を押せば完了です。

なお、リポジトリのURLはGitHubのリポジトリのページから確認できます。

「Code」を押下します。

GitHub Desktop

「Clone」というタブにURLが記載されているので、それをコピーして貼り付ければOKです。

GitHub Desktop

上記、①か②の方法でリポジトリのクローンが終わると、コードの管理画面が開きます。

GitHub Desktop

No local changes」となっているのは、クローンしたばっかりでローカルでまだファイルの変更が行われていないためです。

History」を押下すると、過去のコミットの履歴を見ることができます。

GitHub Desktop

ローカルで編集したファイルをコミットする方法

最後にローカルで編集したファイルをコミットする方法を解説します。

ファイルの編集はどのエディタで行ってもOKです。

「Visual Studio Code」でも「sublimetext」でもなんでもOKです。

ファイルを変更してGitHubデスクトップを開くと、変更内容が表示されます。

GitHub Desktop

左下の欄に変更内容と必要なら詳細を書いて「commit to main」を押下します。

これで完了です。

【体験談】GitHubデスクトップが必要になったわけ

複数人が関わるとある案件にて、GitHubでコード管理をすることになりました。

いままでGit管理のGUIは「SourceTree」を使っていたのですが、

GitHubでソースコード管理するなら、せっかくだしGitHubデスクトップ(GitHub Desctop)を使ってみよう

と思ってGitHubデスクトップをインストールしました。

使ってみて「SourceTree」よりシンプルという印象を受けました。

必要な機能だけに絞った感じです。

GitHubとのリポジトリとの連携も楽ですし、GitHubでソースコード管理する案件は今後もGitHubデスクトップ(GitHub Desctop)を使っていこうかと思いました。

Gitのおすすめ勉強法まとめ

Gitを勉強するのにおすすめな手段をまとめました。

  • 本で学ぶ

改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門」が入門書としてオススメです。漫画かよ、と思うかもしれませんが、それゆえに分かりやすいです。実務で頻繁に使うSourceTreeを解説の中心におかれているのも嬉しいポイントです。

2021年6月に改定され、最新の情報が反映されている点もおすすめです。

改訂2版 わかばちゃんと学ぶ Git使い方入門
created by Rinker

その他のおすすめ書籍はこちら。

いちばんやさしい Git 入門教室
created by Rinker

いちばんやさしいGit&GitHubの教本 人気講師が教えるバージョン管理&共有入門
created by Rinker

  • 動画で学ぶ

Udemyの「Git:もう怖くないGit!チーム開発で必要なGitを完全マスター 」がオススメです。Gitの基本的なコマンドの解説はもちろん、実案件では必ず扱うブランチ・マージ・コンフリクトの解消方法など、チーム開発に必要なGitの全てが含まれています。

【Udemyがセール中(2021年9月20日(月)まで)】
対象コースが ¥1,610から。
Udemyで開講されているGitコースをすべてみる >>

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

GitHubデスクトップを導入して使うまでのステップは以下です。

GitHubデスクトップをダウンロードする
アカウントの接続を行う
「Configure Git」でGitの設定を行う
リポジトリをクローンする
バージョン管理したいファイルをローカルで編集
GitHubデスクトップを使ってコミット

なお、本記事の前提は以下になります。

・2021年8月時点の情報
・OSはMac
・GitHubのアカウントは取得済み
・GitHubでリポジトリは作成済み

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。