フリーランスにおすすめなクレジットカード3選【年会費無料を選抜】

フリーランス クレジットカード

結局フリーランスって、どのクレジットカードを持っていればいいの?

おすすめのクレジットカードを教えて欲しい。

あと、実際にフリーランスの人がクレジットカードをどんな風に使っているのかも知りたい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・フリーランスにおすすめなクレジットカード3選【年会費無料を選抜】
・現役フリーランスのクレジットカードの使い方を紹介

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

フリーランスにおすすめなクレジットカード3選【年会費無料を選抜】

フリーランスにおすすめなクレジットカードを3つ選抜しました。

選抜ポイントはこちら。

・年会費が無料であること
・フリーランスでもちゃんと審査対象になること

3つのカードとも年会費が無料です。

そして、3つのカードとも確認できる範囲では申込要件に「安定した収入」の記載がないため、フリーランスもちゃんと審査対象になってくれます。

それぞれ解説します。

  • 楽天カード

最大の魅力は楽天ポイントですね。

私の友人は楽天経済圏をフル活用していますが、スーパーセールで大量購入→ポイントで日用品購入のサイクルで賢い買い物をしています。

  • エポスカード

最大の魅力は海外旅行傷害保険の自動付帯があることです。

フリーランスの場合、海外にいながら仕事をすることもあると思います。現に私も過去に1ヶ月ほどバンコクにいながら仕事をしていました。

海外で活動予定があるフリーランスには、お特にすすめのカードです。

  • イオンカード

イオンユーザーには特に魅力的なカードです。

毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」での5%オフや、イオングループでの買い物でポイント2倍といった特徴があります。

フリーランスのクレジットカード事情を紹介します

私は会社員を5年経験し、その後フリーランスに転向しました。

そんな現役フリーランスである私のクレジットカードの使い方をご紹介します。

メインのカードは三井住友VISAカードを使用

メインを1枚+サブ2枚という使い方をしています。

メインで使っているのは「三井住友VISAカード」です。これは会社員時代に作成したカードで、もう5年以上使っています。

サブで使っているのは「楽天カード」と「エポスカード」の2つです。

ただ、基本的に「三井住友VISAカード」の限度額内で収まっているので、サブを使うことはほぼありません。

どちらかといえば、サブの2枚は海外旅行用です。

「万が一盗難された時」や「自動付帯の海外旅行保険用(エポスカード)」として持っています。

事業用と個人用でカードは分けていない

事業用と個人用でカードは分けていません。

理由はこちら。

  • 買い物のたびに使い分けが面倒
  • 会計ソフトのfreeeに自動連携されて処理するので、そこまで困らない

すべてのカード支払いは「クラウド会計ソフトfreee」に自動連携させています。このお陰で、かなり簡単に「事業費用」と「プライベート費用」の仕分けができます。

PCブラウザはもちろん、スマホアプリからでも帳簿を付けることができるので、スキマ時間でこまめに仕分けをして、帳簿のミスを防いでいます。

クレジットカードは会計ソフトfreeeに自動連携

クレジットカードを「クラウド会計ソフトfreee」に自動連携させています。

私は基本キャッシュレスな暮らしをしているので、freeeに連携された支払情報を仕分けするだけで、ほぼ帳簿が完成します。

確定申告もかなり楽です。

あと、キャッシュフローが簡単に見える化できるのもメリットです。

「会計ソフトfreee」は月額1,298円(税込)かかりますが、エクセル等で帳簿付けする手間を考えれば、安いです。

正直、ポイント還元は気にしていない

クレジットカードのポイント還元率は気にしていません。

理由はこちら。

  • 還元率を最大化するには、サイトやお店によって使い分けが必要で、それが面倒

還元率を考えると「楽天市場の買い物は楽天カードを使用」「じゃらんならリクルートカードを利用」といった形で、サイトやお店によって使い分けが必要になります。

それがどうしても面倒で・・・。

メインで使っている三井住友VISAカードは200円(税込)で1ポイント。

還元率は0.5%で高くない数字です。

ただ、還元率にこだわって使い分けするのも面倒なので、別にいいかなぁと思っています。

クレジットカードは基本機能である後払い決済が使えればOKで、ポイントは「付いていたらラッキー」くらいの気持ちでいます。

限度額はどれくらいか?

利用限度額は、メイン+サブの3枚合わせて200万円以上です。

私の場合、生活費のほぼすべてをクレジットカードで支払っているので、利用限度額は高めに設定しています。

とはいえ、200万円は到底使わないので、かなりバッファを見た数字になっています。

なお、クレジットカードの支払いはすべて会計ソフトのfreeeに連携され、freee上でキャッシュフロー管理をしています。

理想はフリーランスになる前にカードを作りましょう

フリーランスになる前にカードを作りましょう。

フリーランスも社会に認知され始め、昔よりは信用度も増しています。しかし、企業勤めに比べれば、まだまだ信用は低いです。

退職してから、

在職中にクレジットカード作っておけばよかった〜

とならないためにも、クレジットカードは事前にいくつか作っておくことをおすすめします。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

フリーランスにおすすめなクレジットカードを3つ選抜しました。

選抜ポイントはこちらです。

・年会費が無料であること
・フリーランスでもちゃんと審査対象になること

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。