フリーランスはクレジットカードを分けるべき?【私は一緒です】

クレジットカード

フリーランスは「事業用」と「プライベート用」でクレジットカードを分けた方がいいのかなぁ?

それぞれのメリットとデメリットを知りたい。

あと、フリーランスにおすすめのクレジットカードがあれば一緒に知りたい。

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・クレジットカードを「分ける場合」と「分けない場合」のメリットとデメリット
・現役フリーランスである私のケースを紹介【分けていません】
・フリーランスにおすすめのクレジットカード3選【年会費無料】

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトを作ったり、ECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、ブログを書いたりして生活しています。

フリーランスはクレジットカードを分けるべき?【私は一緒です】

フリーランスは「事業用」と「プライベート用」でクレジットカードを分けるべき?

そんな疑問に答えるため、それぞれのメリットとデメリットを検討します。

まとめるとこちらです。

  • クレジットカードを分けるメリットとデメリット

【メリット】
・プライベートな支出と経費を分けることができる
・帳簿を付けるのが楽になる
・カードの年会費を経費にできる

【デメリット】
・会計のたびにカードを使い分けるのが手間
・管理する対象が増えるので手間

  • クレジットカードを分けないメリットとデメリット

【メリット】
・カードの使い分けが不要

【デメリット】
・プライベートの支出を除いて帳簿を付ける必要があるので手間

詳しく解説します。

なお、私はカードを分けていません。

仕事もプライベートも同じクレジットカードを利用しています。

クレジットカードを分けるメリット・デメリット

まず、クレジットカードを分けるメリットは以下です。

①プライベートな支出と経費を分けることができる
②帳簿を付けるのが楽になる
③カードの年会費を経費にできる

順番に解説します。

  • プライベートな支出と経費を分けることができる

カード自体を分けるので「プライベートで使った支出」と「仕事の経費」を綺麗に分けることができます。

カードを分ける一番のメリットはここでしょう。

  • 帳簿を付けるのが楽になる

仕事用のカード明細には「仕事の経費」のみが記載されているので、帳簿を付けるのが楽になります。

もし、カードを分けない場合は経費の中にプライベートな支出が紛れます。

まめに帳簿を付けているなら良いのですが、記帳をサボっていると、経費なのかプライベートなのか分からなくなりミスがおきます。

  • カードの年会費を経費にできる

仕事用カードの年会費は経費にできます。

勘定科目は「支払い手数料」や「諸会費」になります。

クレジットカードの年会費を経費にする条件

クレジットカードには、個人用と事業用があります。

個人用のクレジットカードは個人の名義で発行し、用途はプライベートな買い物にのみ限られています。対する事業用のクレジットカードは、個人事業や会社の名義で作ります。カード上には個人名が記載されますが、会社名が印字されることもあり、用途は事業の経費精算に限られます。

こういった理由から、事業用のクレジットカードはビジネスカード、法人カード、コーポレートカードとも呼ばれます。

年会費を経費に計上できるのは、後者の事業用クレジットカード。会社経費の精算目的で作られていない個人用クレジットカードの年会費は、経費計上することができません

クラウド会計ソフトfreee - クレジットカードの年会費を経費にするための条件 >>

続いてクレジットカードを分けるデメリットは以下です。

①会計のたびにカードを使い分けるのが手間
②管理する対象が増えるので手間

順番に解説します。

  • 会計のたびにカードを使い分けるのが手間

事業用と個人用でカードを分けた場合、

この買い物は【経費】だからこっちのカードで払おう!

この買い物は【プライベート】だからこっちのカードで払わないと!

といった判断を毎回要求されることになります。

これが面倒です。

しかも、

しまった・・・!

これは経費だから、こっちのカードで払わないといけなかった・・・orz

といった形で、支払いカードを間違える可能性もあります。

また、経費かどうかの判断は微妙な時もありますし、家事按分のケースもあります。

自宅兼事務所の家賃など、ある支出がプライベート用と事業用の双方が混ざったものである場合、事業で使用する比率分のみを経費に計上します。これを家事按分(かじあんぶん)といいます。

クラウド会計ソフトfreee – 家事按分を登録する >>
  • 管理する対象が増えるので手間

仕事用とプライベート用でカードを分けると、支払いを2つ管理する必要があります。

両方のカードの支払い金額、それぞれの支払日を把握していないと、残高不足やキャッシュフローのズレなどが起きます。

クレジットカードを分けないメリット・デメリット

【メリット】カードの使い分けが不要

プライベートも仕事用も1つのカードで、何も気にせず決済できます。

後々、帳簿をつける際に仕分けする必要はありますが「経費かどうかの判断」や「家事按分の支出」についても、気にせず決済できて楽です。

【デメリット】プライベートの支出を除いて帳簿を付ける必要があるので手間

当たり前ですが、クレジットカードの明細には「プライベートの支出」と「仕事の経費」が混じっています。

確定申告に備えて、正確に仕分けないといけません。

私はクレジットカードを分けていません【体験談】

色々書きましたが、私は仕事用とプライベートでクレジットカードを分けていません。

理由は以下のデメリットが強いためです。

  • 経費かプライベートを判断してカードを切るのが面倒
  • プライベートで切ったけど「実は経費にできた」みたいな支出がありそう
  • 絶対いつか間違える(経費をプライベートのカードで切るなど)

仕事もプライベートも共通のカードを使っているので、当然クレカ明細はごちゃまぜです。

これをミスなく仕分ける必要があります。

私の場合は「クラウド会計ソフトfreee」活用しています。

会計ソフトのお陰で経理処理が爆速で終わるので、クレジットカードが一緒でも困っていません。

でも会計ソフトのおかげでスムーズな経理が可能です

私は仕事用とプライベート用でクレジットカードを分けていません。

経理処理が面倒では?

と思われるかもしれませんが、会計ソフトのおかげで経理処理はスムーズに終わります。

私が使っているのは「クラウド会計ソフトfreee」です。

クレジットカードの明細情報とfreeeを自動連携しているのですが、管理画面上で勘定科目をポチポチ選ぶだけで、記帳が完了します。

プライベートな支出・収入は「事業主貸」もしくは「事業主借」で処理すれば、事業の支出に影響しません。

クレカとfreeeを連携すると、以下のように管理画面にクレカの明細が同期されます。

freee クレジットカード

あとは1行ずつ勘定科目を入れていくだけです。

たとえば、表中の「Amazon Downloads」はプライベートな支出だったので「事業主貸」で処理をしました。

参考:フリーランスにおすすめクレジットカード

フリーランスにおすすめのクレジットカードを3つ選抜しました。

どれも年会費無料です。

こちらの記事で詳しく解説しています。

なお、いま会社勤めならフリーランスになる前にクレジットカードを複数作っておきましょう。

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

クレジットカードを「分ける場合」と「分けない場合」のメリットとデメリットはこちらです。

  • クレジットカードを分けるメリットとデメリット

【メリット】
・プライベートな支出と経費を分けることができる
・帳簿を付けるのが楽になる
・カードの年会費を経費にできる

【デメリット】
・会計のたびにカードを使い分けるのが手間
・管理する対象が増えるので手間

  • クレジットカードを分けないメリットとデメリット

【メリット】
・カードの使い分けが不要

【デメリット】
・プライベートの支出を除いて帳簿を付ける必要があるので手間

なお、私は分けていませんが、会計ソフト freeeのおかげで経理処理はスムーズに終わります。

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。