【2021年】WordPressのカスタム投稿をプラグインなしで実装する方法

custom post WordPress

WordPressのカスタム投稿をプラグインを使わずに実装したい

こんなことを考えている方へ。

この記事のポイントは以下です。

・WordPressのカスタム投稿をプラグインを使わずに実装する方法

この記事を書いている私は大阪在住のweb制作フリーランスです。

東証一部のEC企業で5年勤務した後、フリーランスに転向しました。現在はウェブサイトやECサイトを作ったり、サイト分析をしたり、PMOとして開発案件に参画したり、ブログを書いたりして生活しています。

【2021年】WordPressのカスタム投稿をプラグインなしで実装する方法

WordPressのカスタム投稿をプラグインなしで実装する方法を解説します。

以下のコードをfunctions.phpに記載すればOKです。

/**
 * カスタム投稿タイプ「shop_list」を追加
 */
add_action( 'init', 'custom_post_type' );
function custom_post_type() {
    register_post_type( 'shop_list', [ //  $post_type(投稿タイプ名)を指定
        'labels' => [
            'name'          => '店舗一覧', // 管理画面のメニューで表示される投稿タイプの名前
            'singular_name' => 'shop_list',    // この投稿タイプのオブジェクト 1 個の名前(単数形)。デフォルトは 'name' の値。
        ],
        'public'        => true,  // 投稿タイプをパブリックにするかどうか。true の場合、管理画面とフロントエンド(ユーザー)の両方から利用可能。
        'has_archive'   => true, // この投稿タイプのアーカイブを有効にする。アーカイブのスラッグとして $post_type が使われる。
        'menu_position' => 5,     // この投稿タイプが表示されるメニューの位置。「5」は「投稿」の下。
    ]);
}

管理画面を見ると確かに追加されていることがわかります。

custom post WordPress

register_post_type」については、 WordPress日本語codexで詳しく解説されています。

投稿タイプを作成または変更します。 この register_post_type() は必ず ‘init’ アクションの中から呼び出してください。 ‘init’ より前に呼び出すと動作しないため、新規作成または変更した投稿タイプも正常に動作しません。

おすすめのWordPress勉強法はこちら

WordPressの勉強はネットの情報だけでもできますが、サイトによって情報や解説の粒度にバラつきがあり体系的に学ぶのが難しいです。また、最新の情報が反映されていないこともあります。

不安を抱えながら自己学習で時間を浪費するより、世の中の優良な教材を活用する方が良いです。

  • オンラインスクールで学ぶ

TechAcademy(テックアカデミー)の「WordPressコース」は、現役のエンジニアが講師です。パーソナルメンターとして、毎日15〜23時のチャット・レビューサポートで初学者の”分からない”をサポートしてくれます。
安い買い物ではないので、まずはTechAcdemyの講座を無料体験で試してみるのがおすすめです。

  • 本で学ぶ

WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書[WordPress 5.x対応版]」はおすすめです。WordPressの最新バージョンに対応しており、静的ページをWordPress化していく手順を丁寧に解説しています。

私も実際にこの本でWordPressを勉強しました。案件でよく使うカスタマイズ方法や、セキュリティ対策、有名プラグインの紹介もされており、痒い所に手が届きます。

  • 動画学ぶ

Udemyの「WordPress開発マスター講座 」がオススメです!。WordPressで既存テーマのカスタマイズではない、オリジナルのウェブサイトを作る手順を解説しています。

プラグインによるカスタマイズ方法、フックの知識やテンプレート階層の知識、ショートコードやカスタム投稿タイプ・カスタム分類・カスタムフィールドといった、高度な機能についても紹介されてり、内容的には実案件のレベルです。

【Udemyがセール中(2021年7月30日(金)まで)】
対象コースが ¥1,730から。
セール中のWordPressの講座一覧を見る

まとめ

この記事のポイントをまとめます。

WordPressのカスタム投稿をプラグインを使わずに実装するには「register post type」を使ってfunctions.phpに記述を追加すればOKです。

今回の記事はここまでです。

この記事を書いた人

hiro

美味しいご飯とお酒と一人旅が好き。EC企業に5年▶︎web制作フリーランスへ。ECサイト制作、デザイン、コーディング、サイト分析、CVR改善、ブログ書いたりして生活しています。

旅行ブログ「アジアをひとりで旅してみたら」も運営中。